たまごろうのブログ

動物園へ行くときの参考に。

熊本市動植物園

アクセス度★

住所:〒862-0911 熊本県熊本市東区健軍5-14-2

電話:096-368-4416

定休日:毎月の月曜日
  ただし、第4月曜日は開園し、翌日が休園(祝日の場合、次の平日)、12月30日~1月1日

開園時間:    午前9:00~午後5:00(入場は午後4:30まで)

入園料:500円

敷地面積:約24.5ha(遊園地、駐車場を含んでいるかもしれません)

 

最寄り駅:市電「健軍行」乗車、「動植物園入口」下車、徒歩10分

     バス桜町バスターミナル25番乗り場、上熊本駅から動植物園西口行「動植物園前」下車、徒歩2分

 

 

どんな動物園?

 

都市型というのでしょうか。バスでも市電でもアクセスでき、あまり広くはありませんがとてもアクセスし易かったです。

熊本市動植物園

正門から入るとちょっと感じの良い光景が目に入ります。

クモザル

クモザル

森の中を歩いて小型のサルやカピバラを見る趣向のようです。

アミで良くわからないけど、カピバラです

 

朝9時30分ころと16時ころにゾウのトレーニングがあるそうなので、ゾウ舎へ向かいます。

朝のトレーニング中

ガラス越にトレーニングを見ることが出来ます。汚れなのか傷なのか、ものすごくガラスが曇っています。そして暑い!

出勤前、朝の挨拶を交わすマリーとエリ

足元はズーラシア金沢動物園で採用しているおが屑かと思いましたが、たぶん夜中にした💩です。

 

左エリ♀、右マリー♀

ゾウ前のベンチは木蔭になっていて、池からの風が通ります。ゾウの日陰はほぼ無し。日除けがもう少し大きいと良いのに。冬は逆に寒いのだろうか。

 

地震以降大変苦労をされたと思いますが、モートに普通に水が溜まっているのを見たのは、宇都宮動物園とここだけです。モートが綺麗なのは飼育環境にどれだけ影響があるものなのかはわかりませんが。

ソウ放飼場

とにかく毎日トレーニンをして、小さいけど日除けがあって、使っている様子は見られなかったけどフィーダーがあって、2頭は地震後も元気でいてくれました。

youtu.be

放飼場は金網と歩道?を挟んで江津湖に面しています。入園しなくても散歩がてらシッカリゾウさんを見ることが出来ます。面白いですね。

youtu.be

 

なんとシロクマのマルルもいます。

シロクマのマルル

暑さでぐったりしているのかと思いましたが、シロクマファンが見れば可愛く朝寝中に見えるのかも知れません。

宮崎フェニックス、平川動物園と同じくこちらのキリンもマサイキリンです。

マサイキリン

なんだか人懐こいですね。

 

レッサーパンダが居て

レッサーパンダ

チンパンジー舎が立派なのも三園共通だと思いました。

いないけどチンパンジー


植物園には鳥やナマケモノがいました。

ナマケモノ

多摩動物園でした見たことがないシフゾウが居ました。

シフゾウ

さて、熊本から飛行機で帰ります。また来れるかな。またねマリー、エリ。

修復中の熊本城







     

鹿児島市 平川動物公園

アクセス度★

住所:〒891-0133 鹿児島県鹿児島市平川町5669-1

電話:099-261-2326

定休日:12月29日~1月1日

開園時間:    午前9:00~午後5:00(入場は午後4:30まで)

入園料:500円

敷地面積:約31.4ha(うち遊園地1.3ha,駐車場1.8ha)

 

最寄り駅:指宿枕崎線 五位野駅から徒歩20分程度

     鹿児島駅から途中天文館に停車する「谷山・動物園行き」バスもある。1時間に1本程度。

 

宿泊地が天文館だったので、天文館から乗車。帰りも動物園前から出発するバスを利用しました。1時間に1本あるので、比較的便利です。

動物園前から鹿児島駅へ向かうバス時刻表

どんな動物園?

夏の暑いさかりに行ったためか、ジャングルのように緑豊かな動物園でした。

 

入園してすぐに足湯がありました。もちろん無料です。

入園してすぐにある足湯

足湯はあとで入ろう。体力の消耗を防ぐため、示されている順路どおりに進みます。

まずはアフリカの動物たち。

アフリカの動物たち

youtu.be

マサイキリン、ミナミシロサイ、チャップマンシマウマ、ダチョウです。

マサイキリン

アミメキリンと模様が違います。マサイキリンは日本では、こちら平川と宮崎フェニックス、熊本市動植物園にしかいないキリンです。

 

こちらはヒガシクロサイ。シロサイのクチビルが横に平らに広がっているのに比べて、クロサイはくちびるがとがっています。

ヒガシクロサイ

クロサイとシロサイ両方いるんですね。

クロジャガー

クロジャガーの足の裏

こちらはクロヒョウ。違いは良くわかりませんね。

クロヒョウ

ホワイトタイガー

黒いのも白いのも本来の色とは異なる珍しい種だそうです。

チンパンジー舎がりっぱでした。ジャングルの中にあるような櫓。

チンパンジー

チンパンジー

バードケージが緑がうっそうと茂りジャングルみたいでした。

バードケージ内

赤い実がなっているようなショウジョウト

フクロテナガザルって、こんな感じで森で鳴いているのでしょうか。

youtu.be

フクロテナガザル

逃げ隠れしないキツネ。

きつね

駆除されなくて良かったね。イノシシ。

イノシシ

さてお目当てのラウナとアンリー

ラウナとアンリー

仲は良さそうなのに、お子さんは出来ていません。ゾウの繁殖って難しいですね。

youtu.be

ゾウ前にも足湯がありました。タオルは150円で売っていましたが、暑いのではだしでしばらく座っていたらすぐ乾きました。

 

ほかにも沢山動物がいました。長くなるので、これでおしまい。

宮崎フェニックス自然動物園

アクセス度★★

住所:〒880-0122 宮崎県宮崎市大字塩路字浜山3083-42

電話:0985-39-1306

定休日:毎週水曜日(春休み・夏休み・冬休み期間は開園)、12月31日

開園時間:    午前9:00~午後5:00(入場は午後4:30まで)

入園料:840円

敷地面積:約13ha

最寄り駅:日豊本線 日向住吉駅から徒歩30~40分程度

     宮崎駅からバスもある。8時、12時頃到着のバスがあります。    

宮崎駅から動物園へ向かうバス時刻表

     動物園から宮崎へ行くバスは午後14:00と17:00発があります。

動物園から宮崎駅へ向かうバス時刻表



どんな動物園?(個人的感想)

 

動物園行きのバスはちょうど良い時刻になかったので、日向住吉駅から歩きました。道は平たんで歩き易いですが朝の時刻の日陰は全くないので、日傘や帽子はあったほうが良いです。日向住吉付近にタクシー会社がありましたが、口コミがめっぽう悪く遠慮しました。30~40分で到着です。

動物園入口

みどりちゃんです。元気でしたか?王子で会っているのだけど、覚えてないよね?!


朝ごはんを食べるみどりちゃんと放飼場の様子。

youtu.be

水浴びをするみどりちゃん。

シャワータイムのみどりちゃん

13:30からシャワータイムがあります。めちゃめちゃ暑い日だったので、嬉しそう。

youtu.be

みどりちゃんの作品が展示されてました。

ミドリちゃんの作品

チンパンジー舎がりっぱでした。

高いところにいるチンパンジー

チンパンジー

走るヤギさんたち。

youtu.be

レーッサ-パンダもいました。

レッサーパンダ

他にマサイキリン、トラなども居ました。飼育種はそんなに多くない印象でした。

正直どこにでもいるフラミンゴやヤギを上手に見せていました。

著作権があるかも知れないのでフラミンゴのショーの動画は載せませんでした。

広島市安佐動物公園

アクセス度★

住所:〒731-3355 広島市安佐北区安佐町大字動物園

電話:082-838-1111

定休日:毎週木曜日(祝日は開園)、12月29日~翌年1月1日

開園時間:9時~16時30分

入園料:510円

敷地面積:25.6ha

最寄り駅:アストラムライン上安駅で下車し、バス(あさひが丘ゆき又は飯室ゆき)に乗り換え「安佐動物公園」で下車

 

どんな動物園?(個人的感想)

 

動物園の入口はバス停を降りると目の前でした。

オオサンショウウオの飼育研究で頑張っている動物園だそうです。

f:id:tamagoroux:20211205150538j:plain

オオサンショウウオ

凄さが全然わかりませんが、オオサンショウウオです。

 

クロサイは木の葉を食べるそうです。とがった唇がもにょもにょ動いて葉を口の中へ運びます。

f:id:tamagoroux:20211205150738j:plain

クロサイのヘイルストーン

ヘイルストーンは残念ながら亡くなりました。

www.asazoo.jp

アフリカ水牛

チンパンジー舎には遊び用の消防ホースとウッドチップが敷き詰められ、木が植えられていました。

f:id:tamagoroux:20211205151154j:plain

チンパンジー

 

産まれつき呼吸に必要な横隔膜が無いそうですが、元気に生き延びています。

f:id:tamagoroux:20211205151535j:plain

マレーバクのクニオ

日本でただ一頭だけのマルミミゾウのメイ♀(右)とサバンナゾウ♂のタカ(左)です。大きさが随分違います。

f:id:tamagoroux:20211205152134j:plain

タカ(左)とメイ(右)

この時は秋吉台サファリにいたマルミミゾウのダイ♂が婿入りしました。日本に♂♀一頭ずつのマルミミゾウなので、繁殖に成功すると良いのですが。

2022年7月16日からダイ♂が公開されています。

www.asazoo.jp

 

国内では数少ない♂のサバンナゾウ。水を飲むタカ

youtu.be

 

秋吉台サファリのダイ♂の婿入り間近のマルミミゾウのメイ♀

youtu.be

放飼場に草が全く生えていないです。きっとゾウさんが食べてしまったのでしょう。ゾウは一日中食べ物を探して歩き回るそうですから。頻繁にオヤツを投入する園が多いなか、こちらはオヤツをあげている場面が見られませんでした。

 

 

周南市徳山動物園

アクセス度★

住所:〒745-0874山口県周南市大字徳山5846

電話:0834-22-8640

定休日:火曜日火曜日祝日の場合は翌日

開園時間:(3月1日~10月19日) 午前9時00分~午後5時00分

     (10月20日~2月末日)午前9時00分~午後4時30分

入園料:600円

敷地面積:約5ha

最寄り駅:徳山駅みゆき口(徳山駅北側)のバスターミナルから

動物園文化会館入口で下車後すぐ(大人210円)、歩いても20分

 

 

どんな動物園?(個人的感想)

 

2019年の建設当時国内最大級という、スリランカゾウ舎があります。深さ1mの砂を敷き詰め、2階建てになっていて2階の一部から屋内の様子を見ることが出来ます。屋内飼育場、洗い場、産室などを備えています。施設自体は立派ですが、シンプルな作りになっています。ここにはミリンダ♂とナマリー♀の2頭がいます。

 

外観はこんな感じです。放飼場はほぼ出来ていますが、まだ一部しか使われていません。撮影時、解禁の1週間前でした。

youtu.be

 

内観はこんな感じです。朝一なので、ぞうさんはまだ屋内にいて、飼育員さん達がお掃除をしています。

youtu.be

 

園によって飼育方法が違うようですが、ここでは頻繁に飼育員さんからオヤツを貰い、直接飼育のようで、何かしらトレーニングをしていました。

 

野生のゾウは一日中食べ物を求めて歩きまわるそうです。少ない量でも何度も食べ物を貰うほうがゾウの習性にはあっているのではないかと思います。頻繁に食べ物を貰うということは、常に誰かが見ているということでもあり、飼育側からは手間が倍増することでしょう。

f:id:tamagoroux:20211127221817j:plain

仲良しナマリーとミリンダ

野鳥やレッサーパンダを観察できるコーナーがあるそうです。

f:id:tamagoroux:20211127222030j:plain

自然学習館ねいちゃる

コロナ禍で中には入れませんでしたが、外からは見ることが出来ました。

f:id:tamagoroux:20211127222542j:plain

顔が見えませんがレッサーパンダです。

f:id:tamagoroux:20211127222639j:plain

下からレッサーパンダ

小さい部屋がいくつかあって、それぞれ繋がっているようでした。

 

泳ぐペンギン。よく息がつづきますね。

youtu.be

 

ソックスを履いたヒツジ。サシバエ対策だそうです。

f:id:tamagoroux:20211127223532j:plain

ソックスを履いたヒツジ

SNSなどでも良くお見掛けするので、いろいろ工夫をしている動物園なのだろうという印象でした。行ってみると、予想に反して小さな動物園でした。この時は見られませんでしたが、マレーグマ、ミーアキャット舎の改修予定もあり、進化し続けているようです。

 

食事できるところはありました。

秋吉台自然動物公園サファリランド

アクセス度★★★

住所:〒754-0302山口県美祢市美東町赤1212

電話:08396-2-1000

定休日:年中無休

開園時間:4/1~9/30 9:30~17:00,10/1~3/31 9:30~16:30

入園料:マイカー入園2500円 

               エサやりバス入園3600円(子供料金あり)

               ウォーキングゾーンのみ入園1100円

                遊園地は入場料無料乗り物代別途

敷地面積:約74ha(遊園地、駐車場等を含む面積と思われる)

最寄り駅:新山口から防長バス秋芳洞乗り換え約1時間、東萩から防長バス45分

 

以下は2011年11月の路線バス時刻表での記録です。時刻表は変わるので事前に確かめてくださいね。新山口駅に隣接したバスターミナルでは人が居るので、時刻表がもらえます。相談にのってもらえるかもしれません。

 

【帰り】サファリランドから新山口駅へ向かうバスは(青海大橋発)17:01と(東萩発)14:00の2本しかありません。両方とも秋芳洞で乗り換えて新山口へ向かいます。両方とも乗り換え時間は5分です。間違えずに乗り換えましょう。

 

秋芳洞はトイレもあるバスターミナルといった感じですが、観光地ではないです。何時間もここで過ごすのは退屈だと思います。

 

 

【行き】新山口駅からサファリへ向かうバスはHPで紹介されている秋芳洞乗り換えで、(秋芳洞行)11:07発だと秋芳洞で6分待って(東萩行)11:50に乗って12:15サファリランド着と

 

(東萩行)6:25に乗って、太田中央で4分待って(秋芳洞行)7:01に乗って7:19着の2本です。早すぎますね。

 

東萩からだと(秋芳洞行)9:55に乗ってサファリランドに10:40に到着する便があります。

 

私は新山口駅から(東萩行)8:10のバスに乗って絵堂というバス停で下車し、3㎞ほど歩いてサファリランドへ向かうことにしました。8:54に絵堂に到着し、ゆっくり歩いて9:45頃にサファリランドへ到着しました。絵堂からタクシーも考えましたが稼働台数が少ないのと、新山口方面から出発するそうなので呼ばれてから到着までの時間がかかるそうです。

 

天気は良かったので途中牛を飼う農家などがあり、雑音の無い道歩きを楽しめました。

f:id:tamagoroux:20211120141346j:plain

牛ちゃんが3頭いました。

 

 

どんな動物園?(個人的感想)

 

レッサーパンダを見ながら食事出来るレストランがありました。料金設定は比較的良心的だと思います。

 

遠くからせっかく行ったので、エサやりバスに乗りました。9:45頃の到着で2番目のバスになりました。バスは一台しか無いようです。お昼頃到着予定の方はHPから予約しておいたほうが良いです。この日も午前中で売り切れになっていました。

 

エサやりバスに乗ると、サファリを一周して触れ合い広場に降ろされます。触れ合い広場からだと見られない動物もいます。

 

お目当てのゾウは触れ合い広場からもサファリからも見ることが出来ました。ここのゾウはアフリカ象3頭です。

f:id:tamagoroux:20211120142452j:plain

アキ♀とヨシ♀

アキちゃんとヨシちゃんは妙齢のアフリカゾウ29才。ダイ君は日本で1頭だけのマルミミゾウの♂なので、安佐動物公園の同じく日本で1頭のマルミミゾウのメイちゃん♀と繁殖を目指して引っ越す予定です。順調にいけば、来年4月以降はここには居ないことでしょう。

youtu.be

ダイちゃんが引っ越すとアキとヨシの♀2頭のみとなります。日本の動物園からアフリカゾウが居なくなるのでは、と心配されているのにもったい無いです。♀2頭で繁殖するわけないですから。

 

今日本には、サバンナゾウの♂は安佐動物公園のタカ♂と多摩動物公園の砥夢♂しか居ません。どちらか2頭をここに移動させる可能性はあるのでしょうか。たまたま話した飼育員さんの話だと、ここでゾウが産まれてしまったあとの飼育の困難さを思うと二の足踏む思いもあるのかなと思いました。広さは十分あるのに都合よくいかないですね。

 

 

サファリから見られる皆さん。

f:id:tamagoroux:20211120145656j:plain

アキちゃんかな。

f:id:tamagoroux:20211120145742j:plain

ブチハイエナ

f:id:tamagoroux:20211120145817j:plain

インドサイ

f:id:tamagoroux:20211120150033j:plain

アメリカクロクマ

f:id:tamagoroux:20211120150155j:plain

トラ

触れ合い広場の皆さん。

f:id:tamagoroux:20211120150303j:plain

昼寝するカンガルー一家

f:id:tamagoroux:20211120150406j:plain

ヤギさん

f:id:tamagoroux:20211120150513j:plain

ポニー

ドッグテラスもありました。大概別料金なのですが、ここは無料。良心的ですね。

犬たちは触られるのを嫌って逃げ回っていたので、早々に退出しました。

埼玉県こども動物自然公園

アクセス度★

住所:〒355-0065 東松山市岩殿554

電話:0493-35-1234

定休日:月曜日

開園時間:9:30~17:00(2/1~11/14)、9:30~16:30(11/15~1/31)

入園料:700円

敷地面積:46ha

最寄り駅:東武東上線高坂駅から徒歩20分、東武東上線高坂駅発鳩山ニュータウン行きバスに乗車し、「こども動物自然公園」停留所下車(約5分)

 

 

どんな動物園?(個人的感想)

 

もともと地域のご家族むけに家畜を展示する動物園だったそうです。

今でも乳牛コーナーがあり、コロナでしばらくお休みしていましたが、乳しぼり体験などもできるようです。売店でアイスを売っています。

 

ヤギさんがとても可愛いです。エサやりやブラッシングなどしてさし上げましょう。

f:id:tamagoroux:20211024145930j:plain

エサやり体験のヤギさん

もともとは家畜中心の動物園だったそうですが、飼育員さんたちは自ら海外の動物園へ出かけていったりして、とても勉強熱心だったそうです。

 

オーストラリアとの関係があるようで、

f:id:tamagoroux:20211024150258j:plain

コアラ

f:id:tamagoroux:20211024150615j:plain

クオッカ

大きなネズミのように見えますがクオッカです。口角が上がっていて笑っているように見えることから「世界一幸せな動物」と説明がありました。動きが速くて小さいので笑っているお顔を撮るのは難しいです。

 

ペンギンとキリン、レッサーパンダもいました。

f:id:tamagoroux:20211024150950j:plain

温泉に入るカピバラ

カピバラもね。

 

こちらの乳牛はほんとうの牧場の牛と同じ一生を送ります。

つまり、何回か出産してお乳の出が悪くなるとお肉になります。名前をつけて可愛がり、乳しぼり体験などで触れ合った牛ちゃんがある日いなくなり、飼育員さんに聞いても行先を教えてくれないということもあります。

 

肉を食べるということを考えさせられます。